マキログ

カメラをぶら下げ、自転車に乗って神戸などの町を散策中。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

路上喫煙禁止地区。 

明日から開始です。
大阪御堂筋の梅田周辺からなんば周辺までが路上喫煙禁止地区に指定されました。違反者には過料1000円が科せられる事から、しばらくは色々な問題が起こるだろうなと。モロあっち系の人が歩きタバコしていたら、タバコの害よりも大変な事が起こりそうで考えただけでも恐ろしいなと、次元の低い心配をしてしまいます!プカ~。

20070930.jpg

スポンサーサイト

神戸ビエンナーレ2007。 

そろそろ準備が進んできました。
港で出会う芸術祭と題して10月6日から神戸メリケンパークを中心に芸術祭が11月の末まで開催されます。メイン会場のメリケンパーク広場には輸送用コンテナが沢山並べられて、各コンテナ内で作家さんが現代アートを披露するとの事です。その他にも、色々なイベントがあり開催期間も一ヶ月以上とゆったりしているので、のんびりと見に行けるなと。ワクワク。

「神戸ビエンナーレ2007」
20070927.jpg

アロワナ。 

生き物つながりで一つ。
ウチの小さなメダカとはワケが違って迫力がありました。友人宅の大きな水槽のなかで、アロワナやエンドリケリなどの古代魚と、その他数種類の魚が一緒に泳いでいました。水槽内で一緒に泳ぐエサの金魚の事をハラハラしながら見守ったかと思えば、豪快にその金魚たちをパックリといく姿にシビれてみたりと、熱帯魚は確かに見ていて飽きないなと。パックと。

20070926.jpg

ハト。 

平和の象徴だそうです。
少数でチョコチョコ動いて寄って来ればそれなりにカワイイな~なんて思ったりもしますが、鳥類全般に思うのは、あの足だけはイタダケナイなと。足だけは恐竜の頃の面影をモロに残していて、今にも肉を引きちぎられそうで、正直グロすぎやしないかい?と思ってしまいます。クルックー。

20070925.jpg

ブラ~っと自転車。 

久しぶりに乗った気がしました。
友人宅まで片道15km程の道のりを、待ってましたとばかりの自転車移動で改めて気持ちが良かったなと。何回か書いていますが、歩くよりも速くて車よりもゆっくりなペースだったり、自分の自転車が出す音と共に、町の匂いや音が心地よく流れていく感じが、”ならでは”で良い感じだったなと。やめられませんな~っと。リンリン~。

20070924.jpg

串カツ。 

串カツ食べて帰りました。
暑い暑いとブータレてばかりいるこの頃ですが、生ビールを飲んで串カツを食べている時は、この暑さが良いね~なんて、ニコニコ顔で調子の良いことを言いながらウィンナー串をソースに潜らせてしまっているわけです。よく考えてみれば、冬でもこの寒さが何とも言えないね~なんて言ってるわけで、分かってはいましたが、ビールと串があれば時期は関係無い事が確定したなと。ジュージュー。

20070921.jpg

ビルヂング。 

ビルディングではありません。
Dの事を”デー”と言ってみたりする類の物なのか、建物の総称を指す「ビルディング」とは全く関係がない固有名詞なのかは、定かではありませんがとても気になりました。このネーミングの真意は調べればすぐに突きとめられますが、こういうのは調べないで楽しんでおくのが’ツウ”じゃないのかなと。でも、やっぱり気にはなります。ビルヂング。

20070920.jpg

ひまわり。 

まだまだ現役で開いてました。
少し前の秋らしい感じは身を潜めて、もう9月も半分過ぎて折り返しだというのに、町中には向日葵が大きく開いていました。まだまだ元気いっぱいなヒマワリには悪いのですが、連日の30度越えはもう飽き飽きでして、この調子だったらそのうちに、ヒマワリが紅葉しだしかねないなと。アキアキ。

20070919.jpg

夜景。 

久しぶりに見ました。
タイミングが良ければ、対岸の大阪南部や海上に浮かぶ関西国際空港が見えますが、霧がかかっていて足下の光すら全く見えない時もあります。何度も何度も見ていますが、やっぱりキレイだな~なんて思ってしまったり、肉眼で見ればこんな物じゃ無いんだよ!とか言ってしまうのは、身内びいきな所も少しはあるだろうなと。キラキラ~。

20070918.jpg

電柱。 

電柱らしい電柱です。
夕立上がりで雲が切れて来た空を見上げた時に目にはいると、何時もある普通の電柱でも何となく雰囲気がありました。よくこんな画像を目にしますが、大体が夕暮れ時の写真で、電柱が一番輝く瞬間は夕暮れ時なんだなと。結構、電柱マニアとか多いかもしれないな~とか思いました。ビリビリ~。

20070916.jpg

ボロボロになった人へ。 

数年前に出された本の文庫化版です。
同著者の「東京タワー」は、口を開けば誰でも大絶賛するので、逆に読む気が無くなってしまって手にも取ってない私が、リリー・フランキーと言う人の著書を初めて読んだわけです。本の感想なんかは、私より数万倍上手に表現できる人が数千万人いるので、あまり触れたくないのですがチョロッとだけ私なりの為にならない感想を書いておきます。↓下に少しだけ続く。

「ボロボロになった人へ/amazon商品ページ」
20070913.jpg

-- 続きを読む --

Tシャツのサイズ。 

ビッタシのサイズがあります。
超ビッタシお気に入りのサイズがあります。それが「36-38」というサイズなんですが、どうも海外のサイズみたいで、あまり見かけません。「34-36」でも「38-40」でも無い「36-38」が本気で丁度良くて、他人には分からない男のこだわりだ!なんて言ってみたいのですが、結局はSとかMとか言っています。ビッタシ。

20070912.jpg

ガジュマルさらに成長。 

ガジュマルが更に成長しています。
去年の末からやって来たガジュマルですが(●←過去記事参照)、夏を期にモリモリ育ちまくってます。”この木なんの木、気になる木”みたいな感じのスタイルに持って行きたかったのですが、葉っぱがどうも上へ上へと育って行くみたいでして少し無理なようです。考えてもみれば”気にはなる木”だけれども、”何の木”でもなく、ガジュマルなんで無理は言わないでおこうかなと。モリモリ。

20070911.jpg

秋の夜長に。 

ちょっと涼しくなったら。
数日ばかし夜風が涼しくなったら調子に乗って、もう秋の風だな~なんて勝手に季節を進めようとしてしまいます。秋の夜長には自転車に乗って夜の町をブラブラしないとな~なんて思ってますが、週末自転車ですら、ちょっとしか乗れていないのが現状でして、良い季節を逃さないように日々精進して行かないといけないなと。リンリ~ン。

20070910.jpg

砂山。 

土砂山と言った方が正しいと思います。
残土の受け入れ所みたいな物でしょうが、俯瞰で見ると土にもそれぞれの色がある事がハッキリと分かって、意外とキレイに見えました。この砂山に電柱なんかをブスッと刺して周辺の重機を使って棒倒しをやったら、スケール大きくて見応えがあるだなろうなと。ガシーン。

20070909.jpg

500回。 

よく続いているなと。
100回目の時に凄いな~100回も続いた!と飽き性な自分を褒めて上げたのですが、なんだかんだで、もう500回目です。500回目とか言っておきながら、実はブログのエントリーナンバーは「501」だったり、のんびり更新とか言っておきながら、どうでも良い事で毎日アップしてみたりと迷走を続けていますが、これかれも飽きるまではノンビリと続けて行こうかなと。ワーイ。

20070907.jpg

素盞嗚神社。 

スサノオ神社と呼びます。
通称、甲子園神社だとかタイガース神社と言われていて阪神甲子園球場の真裏にあります。私は初めて訪れたのですが、干支のイノシシに虎柄の掛け物がされているのに少しウケてしまいました。さすがに、イノシシそのものを虎柄には出来ないだろうけど、製作過程では絶対にそんな案も出ていただろうなと。トラトラ~。

20070906.jpg

丸裸。 

よくぞここまでバラしたなと。
サドルだけが無いから始まって、タイヤが無いカゴが無いなどそれぞれ単体が無くなっているママチャリはよく見かけますが、ここまで本格的に何も無いと、わざと外しているのでは?と思ってしまいます。ボトムブラケットまでスッポリ外している所が妙にニクイなと。スッポンポン。
20070905.jpg

鳴尾浜で朝食ポタ。(後編?) 

後編に続くとか言っておいて何ですが。
鳴尾浜で朝ご飯をご機嫌に食べて浜巡りをしたのですが、鳴尾浜・甲子園浜・西宮浜・芦屋浜といわゆる阪神沖に浮かぶ人口島を巡ったわけです。それぞれの島を海上で結ぶ橋は湾岸高速も併設されていてそれと無くイイ感じですが、何枚も画像を貼り付けてレポートする程でも無いので、後編はスッ飛ばす事にしてみます。スゴイ力技を使った事に反省しつつも、500回目前にますます自由にやってみようかなと。ハンセイ。

20070904.jpg

鳴尾浜で朝食ポタ。(前半) 

久しぶりに朝食ポタへ出かけました。
久しぶりに自転車に乗って放浪できる!と言ってもこの日は夕方から用事がありまして、およそ半日のポタリングです。ポタリングついでに昨日書いた美術展に寄る事と、まだ自転車で行ったことの無い所をブラブラする事を考慮して、鳴尾浜辺りをウロついてやろうかと。朝食は何処で何を食べたの?↓下に続く。

20070903a.jpg

-- 続きを読む --

ボローニャ国際絵本原画展。 

楽しみな企画展の一つです。
イタリア・ボローニャで行われた絵本コンクール展の入選作品を、大谷美術館に集めて、毎年この時期に企画展をやっているわけです。絵本というくくりなんで肩肘はらなく誰にでも楽しめる美術展でとてもおすすめです。今年は、朝食ポタついでに寄って来まして、ヘルメット片手に見て来ましたと。ボロニャーニャ!?

「西宮市大谷記念美術館」
20070902.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。