マキログ

カメラをぶら下げ、自転車に乗って神戸などの町を散策中。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

自家現像。No12 

20100328.jpg
*newFM2+Ai Nikkor 50mmF1.4S
*Kodak 400TX

*自家現像--No12--
D76(1:3)希釈現像をする。
「れいたんす」/Author:Grisさんからのコメントを見て撹拌方法も
少し考えながら行うと更に楽しそうだと気付く~。今までは適当・・・(爆)
--------------------------------------------------------------
Film:Kodak 400TX/34EX
現像液:D76(1:3) 18℃~ 23分00秒
 撹拌:初期30秒連続→/5分ごと:5回
定着液:sFujiFix  18℃~ 9分00秒
--------------------------------------------------------------
*20分以上もタンクに入れているなんて不安だったけど
 結構普通に仕上がったので良し。

*スキャニングだけど、今までで精細感とシャープネスが
 一番良いネガかもしれない。
 
*初期撹拌後、全く撹拌しない静止現像や半静止現像もあるらしい
 撹拌回数調整する事で、「シャドウ部の階調を出しながらハイライト
 を飛ばさない」とか、「像のエッジ」を出すとか、何やら難しい事を
 書いてあった。

*未だに、定着時間は適当~♪
 しかし!これも付けすぎるとあまり良くないみたい。

この記事に対するコメント

Grisさん、こんばんわ。
現像は面白いですね~。いずれは、紙焼きもしてみたいし、興味が尽きません!
死ぬまでは、フィルム生産して欲しいです。

マキタケ。 #8iCOsRG2 | URL | 2010/03/30 21:53 * edit *

私も一連の「高温現像」や「無攪拌現像」には懐疑的だったのですが、わざと粒子感を出すような、たとえば森山大道さんのようなネガを作る際に、モノは試しとやってみたんです。
これやってみると分かるんですが、ホントにちょっとやそっとのことじゃネガは破綻しません。コントラストの強弱こそあるものの、アレてしまって使えないなんてことはないのです。
攪拌回数も温度もいろいろ試されると面白いと思います。
またいろいろ情報交換しましょう!

Gris #9GhP34Lo | URL | 2010/03/30 16:26 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://makimakiart.blog46.fc2.com/tb.php/1294-8e02eda8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。